自営業の方でも名刺を印刷して持ちたいと考えている事が多いです。会社員と違って、会社のロゴなどが入る訳ではないので、少し物足りないと感じてしまう場合もあります。もしも自分で作成をしてみて物足りないと感じた場合は、少し工夫をしてみると良いでしょう。どんな工夫をするのかは人によって大きく変わってきますが、代表的な工夫は自分が経営している会社のキャッチコピーを考える部分になります。会社の名前が覚えにくい物の場合は、必ずキャッチコピーを入れた方が良いでしょう。入れる事によってキャッチコピーから会社の名前を覚えてくれるようになり、なにか仕事を依頼する際は、すぐに名刺を探してもらう事ができる状態になります。覚えてもらう事ができなくて、なかなか探せないとなってしまうと、別の人に仕事を依頼されてしまう場合もあります。

文字の大きさを変えるか決めて名刺の印刷をする

文字の大きさを考えてから名刺の印刷を行うようにしましょう。作る人によって、どの部分の文字を大きくしたいのかなどは変わってきます。会社勤務で作成しなくてはならないと言う場合は、細かい決まりがあるので、自分で工夫をする事が難しくなってしまいますが、自営業の方の場合は、自分で好きなように考える事ができます。通常であれば会社の名前と文字を大きくすると言う方が多いです。これはスタンダートな名刺になるので良いのですが、他の人と同じになってしまう事を嫌ってしまう方は、別の部分を大きくすると良いでしょう。自分にキャッチコピーをつけて、その部分を大きくするなどすると、渡した人に強い印象を与える事ができます。資格などを大きな文字にしてしまうと、自慢していると感じられてしまうので、なるべく嫌味にならないように作ると良いでしょう。

台紙の色を変えて名刺の印刷をする

名刺の印刷をする前に気になってしまう部分がある方もいます。どんな部分が気になってしまうのかと言いますと、台紙の色は白でなければならないのかになります。基本的には台紙の色が白になっていますが、絶対に白でなければならないと言う事はありません。黒い台紙を使っている方もいますし、青の台紙を使っている方もいます。つまり台紙の色は何色でも良いと言えます。しかし会社に勤めている方は、会社の決まりがあるのかを確認しなくてはなりません。会社が白でなければならないと決まりを作っているのを知らないで、別の色で作ってしまうと、作り直しをしなくてはなりません。面倒な作業が増えてしまう事になりますし、会社からもルールを確認していない人間だと考えられてしまいます。決まりの部分はしっかりと確認して問題なければ、自分の好きな色にすると良いでしょう。